« コミックトレジャー9申込 | トップページ | 『ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」 »

2006.11.25

『ウルトラマンメビウス』第34話「故郷のない男」

 光波宇宙人リフレクト星人登場。いやー、思わぬ伏兵。レオだゲンだと楽しみにしていた今回ですが、アバンタイトル内で喋りまくるリフレクト星人に俺の心鷲掴み(笑)。まさか、こんなずんぐりむっくりヨロイ系宇宙人が、流暢な丁寧語で喋るとは予想してなかったよ。ナルシストっぽい所もあって(^_^;)、予想外の攻撃に身体傷つけられたら一転して卑怯な手段に出るし(^_^;)、いや、いいわコイツ。最後の大技も無駄に派手で宜しい。ソフビ希望。

 そしてレオ!君の番!(^_^;)
えーと。かっこいいー!と言うのがもう存分に出せてる今回ですけども。おゝとりさんのアクションが見られないのはさておき(^_^;)、レオのアクションが、非常に鈍重に見えるのはとても惜しい事だね。昔が、いかに素早い動きを見せていたか、てゆーかカメラの回転数なのかも知れないけども。CGが介入するとそうでも無いんだけど、生身アクションの時に緩急無いのが、今のアクションなのかねぇ。せめて連続バク転などは、もっと早くしてくれなきゃ、なんか、マヌケに見えるんすけども(^_^;)。レオのアクションがもっと凄ければ、もっと迫力ある仕上がりだったろうなぁ。

 ミライ君がゲンっぽく特訓するのが今回のキモでもあるのですが、例えば、この特訓をやり遂げなければチームが全滅地球も危ない!と言う危機的状況の中で特訓してたゲンの場合と違って、なにこのアットホーム感(^_^;)てのがあった訳ですが。ま、それがメビウスの世界でしょうなぁ。対戦相手のリフレクト星人も、その目的はどうもメビウス倒すだけ、な感じだし、ミライ君特訓中にこれ幸いと街攻撃、なんてするつもり毛頭無かったんでしょうな (^_^;)。と、理解しておく。

 いやそれにしても。M78星雲人とL77星人の共闘って、なんかやっぱ、独特の緊張感あるね。かつてのレオ&新マン対アシュランもそうだったけど。うん。結構満足。そして、最後の最後、おゝとりさんの笑顔で締め。解ってるね、この笑顔がなきゃおゝとりさんじゃないよ。


 昨日の興奮未だ冷めやらぬ(^_^;)。て事で朝からウルトラマンレオDVD第1巻をザッと再生。今、我が家でレオはこのDVD1巻しか無い、てのが、ちょっとしくじったな、て感じ。いや、LDは買わなかったし、録画テープも大した物無くて、DVD発売決定と共に処分して…えーとどこかに数巻埋まってるかもだけど掘り出せないものは無いのも同然(^_^;)て事で。DVD買い集めねばなぁ。いや、レオレオ言ってるけども、全話見渡してみると、手元に残したいエピソードって割と少ないのも本当の話で(^_^;)。タロウは一気に買うくらいの存在なんだけどな。って、ウルトラシリーズDVDで揃えてるのタロウだけだわ俺 (^_^;)

 さておき。昨日のメビウス感想で「アクションが鈍重」て書いたのだけど。その理由は、バク転や、相手へのキック一撃!なカットがスローであり、これが全体の印象を悪くしてる、と感じ取ったからなんだけども。考えてみたらレオの1話2話でも、バク転やキックに限らず、スローな動きを強調してるのね。もしかしたら撮影前の参考に、DVD第一巻あたりを試写とかしてるのかも知れませんな。「その顔はなんだその目は何だ」のセリフはツルク星人編のものだし(^_^;)
でも、このマグマ星人編のスローアクションって、あくまで「効果」なんだよねぇ。全体的にスロー再生やらストップモーションやら使って、一つ一つのアクションを印象づけてる、そんな演出なんだけども。その部分的な映像だけを参考にして…と言うかオマージュとしてメビウスでも入れたのであれば、尚更に首かしげちゃうかも(^_^;)
ちなみに、巨大なる物の戦闘だからスローに、てのも俺は反対派なので(^_^;)、そういう理由だったとしてもつまんないな、とか。いや、だって、デカイのにアクションがスピーディー、てあたりに驚きがある訳で、ミニチュアの中での戦闘の意味もそこにあると思ってるんで。

 そんな感じで、昨日のメビウス最大の不満点は、やっぱあの2カット、て事になるかな(^_^;)
あとのシナリオの矛盾点なんか、どうでも説明付くので問題無いし。なぜ、レオが地球に来てるのか、レオの伝えたいことはなにか、レオの参戦は意味あるのか、とかとか。色々と視聴者側で考察出来る穴が沢山あって、楽しいじゃない(笑)
そしてなにより、レオとメビウスのダブルキックが炸裂しての決めポーズの格好良さが、至上の満足感を我々に与えてくれるのです。リフレクト星人最高!(^_^;)

|

« コミックトレジャー9申込 | トップページ | 『ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」 »

特撮」カテゴリの記事

『ウルトラマンメビウス』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルトラマンメビウス』第34話「故郷のない男」:

« コミックトレジャー9申込 | トップページ | 『ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」 »