« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.27

『Fate/stay night』第8話「不協の旋律」

セイバー「それでは一体何の為に 喰っちゃ寝喰っちゃ寝 体力を温存していたのですか!」


 …さて、まずは「良かった探し」でもしておこう。やはり、前向きに観ていかないとな!(^_^;)

 今回「をッ!」と思ったのは、セイバーさんの瞬転シーン。私服から戦闘服への瞬転、エフェクトと言い動きと構図と言い、結構良かった。この一瞬を俺は評価する!(^_^;)

 ついでに前回第7話は、女性陣、特に桜が色っぽく作画されてて好印象だった。やっぱさ、仕草とかでドキっとさせてくれると、ちょっとは嬉しいもんぢゃない?
階段でシロウと鉢合わせなシーンなどは、結構良かったよ。
で、作画監督が藤井まきだと言う事に気が付いた。あれだよね、『あい・まい・みぃ ストロベリーエッグ』。(素直に『神無月の巫女』と言ってやれ)
個人的にこの人の絵は好きだったんで、それで評価プラスなのかも知れないけど。
極力、藤井まき使ってくれ。

続きを読む "『Fate/stay night』第8話「不協の旋律」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

同人イベント参加動向(^_^;)

 えー…なんか色々忙しくて放置気味なんですが。
ひとまず同人イベント関連の告知。以下の2件が、多分ほぼ確定。

『ローゼンメイデン』オンリーイベントまきますか?まきませんか?3は、泥沼は落選しましたけど、合体予定相手だった凹凸さんが委託引き受けて下さる、と言う事で。1月に出した「くんくん探偵ムッシュ薔薇薔薇」の残弾ほぼ全てを送り届けました。えーと…30部ほどです(^_^;)
サークル申込自体が凄い状況だったのと、開催地が東京と言う事もあり、もしかしたら少ないのかも知れません(^_^;)、なので、もし無かった場合は御免なさい。
販売等全ては、凹凸さんにお任せしてますので、「チンパン探偵ですか!」とか言うネタを振ったり「グドンでスケブお願いします」等の行為はお控え下さい(…そんな人来たら俺的にはテンション上がるけど(^_^;))


4月の大阪での『魔法少女リリカルなのは』オンリーイベントなのはFestivalですが、こちらも一次申込だけで募集数の2倍集まったらしく(^_^;)、旬の作品の勢いを感じた次第。で、一次申込分は当確らしいです。ローゼンイベントでの轍を踏まずに一次〆切内に申込してますので、これで泥沼組も参加確定、多分確定(^_^;)と言う事になりますか。
しかし、これまた当日の参加人数が読めない。新刊は出すとして(とゆーか出さないと売り物無い)、どんだけ刷ればいいの。コピー本にするつもりだったけど、またオフセットかしら(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

『Fate/stay night』第6話「魔術師二人<後編>」

 今期の新番組アニメでは、これだけが生き残ってるとか書きましたけど、その後始まった『びんちょうタン』が無意味に凄まじいクオリティでやってきて、お楽しみ度はそっちが上回るかも知れない。スタッフ違うとはいえ同じスタジオデイーンだと言うのに。ちょっとそのクオリティを『Fate』におくれ(^_^;)
そしたらきっと、シロウが買い出しに行ってシロウが調理してセイバーがご馳走様するまでの事を15分かけてじっくり描写してくれるさ!

 …いや、それも道逸れてるけどな。

続きを読む "『Fate/stay night』第6話「魔術師二人<後編>」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.15

誕生日だった

 友人知人からお祝いメッセージとか頂いたりして、誕生日であると再確認してみたりした本日(^_^;)、それ以外はふつーの一日だった。昨夜から仕事に出かけてる間までMacにエンコさせてた『柳生武芸帳』を帰宅後オーサリング、DVD焼きした所で、今日が終わる。ほら、いつも通りだ(笑)

 えーと、ぼちぼち、原稿に確定申告に(^_^;)と本気出さないといけない。一つ年取ったからレベルアップしてる気持ちで前のめりに頑張ろう(^_^;)

 あ、東京のローゼンオンリーには、委託で本置いて貰う事がほぼ決定。1月に出したヤツの残部ですが。確定したら正式に告知予定。荷物送る作業とかもしなくてわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.12

夏コミ申込

 昨日やっと片づけたー。こういう時に限って、また仕事で右手首痛めていると言う俺。ついてるね、のってるね。

 て事でFOGで申込。以前までとちょっとパターンを変えて、背景を黒くしてみた(笑)
で、2年ぶりのコミケ申込だったんだけど、今回からオンライン申込が可能になっていたので、それ利用。料金は1000円高くなるけど、書き間違い気にしたりとか同じ文字を何度も何度も書く必要がないと言う、気楽さをその1000円で買った(笑) 
オンラインは従来の投函申込よりも〆切にも余裕あったけれど、ギリギリだと怖いからね(^_^;)、なんとか本日終了。
今までコミケは無敗だけど、今年は特に受かって欲しい。
サークル結成10周年だからね、からよ、からさ。
もし落ちたら、大阪のイベントででも『ファイヤーマン』本でも作るさ。
サークル結成10周年だからね、からよ、からさ。

 そうか、10年かー。私の年代では参入遅い方だけど、それ以前はどこかに寄稿とかばっかしてたからなぁ。自分でサークル!と決心したのは『ときメモ』のおかげだ(笑)

 10年後は…さすがに活動してないかも知れんな(^_^;)
ま、今が楽しければいいや。とりあえず、夏、受かれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

ふぇいと すていないと・そのよん

 わたしは魔術師である。ポルトガルはリスボンに住む、浪花のあきんどだ。

続きを読む "ふぇいと すていないと・そのよん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

伊福部音楽鑑賞強化中なり

 昨日は休みだったので、一日中、伊福部音楽浸けになってました。どこのニュースみても「ゴジラの作曲家」として紹介されてるのは、当たり前の功績と言うかある意味凄いと言うか、ここまで一般に認知されたのも平成ゴジラシリーズのおかげだよなぁとか、いろいろ思いつつも、それならばとCD取りだしてPCでデータ化して行ったのが以下。


『忠臣蔵』
「交響頌偈 釈迦」
「釧路湿原」
「日本の太鼓 ジャコモコ・ジャンコ」
「日本狂詩曲」
「交響譚詩」
「土俗的三連画」
「シンフォニア・タプカーラ」
「日本組曲」
「舞踏音楽 サロメ」
「兵士の序楽」
「SF交響ファンタジー」
「オーケストラのためのロンド・イン・ブレークス」
「ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲」
「ヴァイオリンと管弦楽のための協奏風狂詩曲」
「交響ファンタジー『ゴジラVSキングギドラ』」
「交響組曲『わんぱく王子の大蛇退治』」
「オーケストラとマリンバのためのラウダ・コンチェルタータ」
「日本組曲」
「ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ」
「ヴァイオリン協奏曲 第2番」
「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」
「アイヌの叙事詩に依る対話体牧歌」
「伊福部昭 譚」

 あ、あと、伊丹で開催された「ゴジラシンフォニックコンサート」とか。
基本的に映画音楽を外し気味で。いや、純音楽系、最近ご無沙汰だったんで。伊福部昭と言えばゴジラしか知らない、と言うのならばさておき、そうでも無いんだからと。

 で…未だに聴き終わらない訳だけど(^_^;)、退屈しないねぇ。改めて思うのだけど、伊福部音楽はもう、俺の血の中に溶け込んでしまっていて、恐らく、死ぬまで愛し続けるんだと思った。それぐらい、大きな存在。

 それくらいの存在なんだけど、関連映画に関して、四式ではあんましエントリしてないね(^_^;)。現時点でこんな感じ。うーん、もうちょっと色々登録していってみようか、なんて気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

伊福部昭死去

 朝、携帯メールで起こされたら、「伊福部先生死去」と言うニュースだった。

 特撮好きの中でも、巨大怪獣専攻とも言える私などは、日本特撮怪獣映画音楽の祖たる伊福部音楽にはやはり特別の思い入れがありました。11年位前、東京まで純音楽の演奏も聴きに行ったさ。先生ご本人のお姿も拝見したさ。あの頃はまだお元気だったけど、そりゃ12年も経ってりゃ…。大往生と言えましょうか。お疲れ様でした。

 えーと、最初に伊福部昭音楽意識したのは…いつだったか。怪獣映画には連れて行って貰えなかった私は、東宝チャンピオンまつりで伊福部音楽に浸れるであろう機会を逸しているので、多分、昭和50年代初期の『怪獣大戦争』TV放映、その次に、日曜特バン!の「TV怪獣SF映画25年」でありましょうか。その後、東宝レコードの「ゴジラ」を買い、どっぷりハマって、1982年の『伊福部昭映画音楽全集』に出会って以降、特撮以外の一般映画にも興味持って挙げ句に邦画好きになった。ええ、人生変えられてますよ間違いなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

同人近況

 ローゼンイベントの当確サークル速報がサイトに掲示されました。
泥の沼組は、落選と言う結果です。やった、これで色々と肩の荷降りたよ!(^_^;)、一度は落選経験しとかんとな、とは数年間思ってたし。
いや、当然ながら残念ではあるし、落ちるつもりで申し込んだ訳でも無いですけどね。

 幸いにして、合体相手だった凹凸さんは当選してた。それが嬉しかった。両方落ちてたらさすがにへこんでたね(^_^;)。で、残念と言えば、落選した事で、そうそう機会ないであろう合体参加が無くなった事が一番だったり。
さて、俺個人はどうしよう。フラっと一般参加してくるのも有りだけど、3月はもう一件、東京遠征の話もあるでな(^_^;)

 ま、とりあえず、原稿作業自体は、次に移行出来ます。その前に確定申告をやっつけねばならんけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »