« 『魔法少女リリカルなのはA's』#6〜11 | トップページ | 同人近況 »

2005.12.21

『魔法少女リリカルなのはA's』#12「夜の終わり、旅の終わり」

 珍しく放映時間に起きていたので生で観る。遂にヴォルケンリッターが帰還、はやてちゃんも魔法少女形態(^_^;)になって役者が揃い、『決戦!大海獣』みたいな展開に。誰がボスボロットだ?!

 さておき。そんな燃える展開ながら、作画の方がアレで(動画重視と言えば納得だが、それでもプロポーションがヘン過ぎ)、しかも戦闘のテンポがよろしく無かった。挿入歌を流して一番、シリーズ一番盛り上がるべき戦闘であった筈なのに、なんか、つまんなかった。各キャラが、自分の名前と武器(相棒とも言う)の名を「やーやー我こそはー」的に名乗るのは、それはそれでカッコイイのであろうが、その部分で戦闘の流れが途切れてるのよね。ヴィータが、遂になのはの名前をきちんと呼んで「(攻撃を)きちんと合わせろよ!」とか言う、良い掛け合いがあるにも関わらず、合わせるも何も順番じゃん(^_^;)てな戦闘で。なんで、ヴィータがゴルディオンハンマー(^_^;)出してる途中から、なのはの名乗りを被せなかったのかね。音声の一部だけでも被せてれば、連携戦闘と言う演出は高まった筈だ。

 てな事で、個人的には、今シリーズで初めて戦闘シーンに不満持った(^_^;)
なのは&フェイトのイラスト描く為もあって、直前に初回と第2話を見返していたんだけど、初回でヴィータが帽子吹っ飛ばされて怒る!以降の戦闘シーンの素晴らしさに、改めて惚れていた所だった故に、余計残念(^_^;)

 やっぱね。カット毎が優れているだけでは駄目だと思うのです。流れは重要だと思う。

 さて。次回は最終回。今回が不満だったとは言え、楽しみな事に変わりはありません。で、サードシーズンはあるんですか(気が早い)、もし可能性あるならDVD買って応援しますよ。いや、余裕あったらCDだって買うね、買うよ、買うさ!

|

« 『魔法少女リリカルなのはA's』#6〜11 | トップページ | 同人近況 »

アニメ」カテゴリの記事

『魔法少女リリカルなのは』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法少女リリカルなのはA's』#12「夜の終わり、旅の終わり」:

« 『魔法少女リリカルなのはA's』#6〜11 | トップページ | 同人近況 »