« アニメ近況 | トップページ | 日本シリーズ »

2005.10.26

『魔法少女リリカルなのはA's』#4「新たなる力、起動なの」

「フェイトがなのはの学校に転入してきた! ヴォルケンリッターの面倒を見る八神はやてとは何者か? 颯爽!変身するなのは! さぁ来週もみんなで観よう!」
(ナレーション:岸田森)

 フェイトの転入シークエンスやら、敵側のその後の動向やら、どうやらこの娘の麻痺を止めるのが目的なの?と言う八神はやての動向やら、そこらへんをまったり描いた後、最後に第二ラウンド開始の時を迎える。うーん。4話になっても、ほとんど隙がない展開だ。フェイトが語る「聞く耳持たねぇ状態」の話は、なんとも説得力があって、彼女のなのはへの感謝度が手に取るようだ。

 しかし、やっぱ、話し合い、語り合いで解決するんだろうな、ある程度は。ま、この作品にはそれが似合っていて、よろしいのですが。会談につくために全力で戦う!てな決意は、前作の様な鬼気迫る状況では無くなったフェイトをぬるい魔道師にパワーダウンさせない、上手い展開だと思った。戦闘技術に長けたフェイト、ほわほわしてんのに魔力デカイので攻撃当たると痛いなのは、てのは、やっぱ維持してもらわんとな。

 で、ラスト、デバイスがパワーアップした為に変身バンクも新ヴァージョン。相変わらず下着もばっちり作画なあたりがリリカル。なーんか、間が悪くなった様な出来に劣化した感じもするが、フェイトの変身シーンはちょっと見とれた(^_^;)。いや、実際の変身シーンよりも、其処に至るまでの緊張感が素晴らしかった。もうDVD買おう。諦めたよ。

|

« アニメ近況 | トップページ | 日本シリーズ »

アニメ」カテゴリの記事

『魔法少女リリカルなのは』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法少女リリカルなのはA's』#4「新たなる力、起動なの」:

« アニメ近況 | トップページ | 日本シリーズ »