« 『魔法少女リリカルなのは』第5話「ここは湯のまち、海鳴温泉なの」 | トップページ | 『幻星神ジャスティライザー』第6話「見参!幻星神ケンライザー」 »

2004.11.07

『ウルトラマンネクサス』第6話「遺跡-レリック-」

 シリーズ通しての謎とかをガンガン投入してくるのが、最近の特撮作品のクセですが。本話でもそう言った感じの台詞が散りばめられていて、今後を想像するには楽しい回でした。ネクサスに変身している姫矢の過去とかが語られるけど、ぢゃ結局ネクサスに選ばれたのはなんでさ?てなあたりは感覚的にしか描かれてないので、まだまだ想像は広がる、てな仕上がりね。思えばネクサスってほんとに喋らないウルトラマンだ。前作のコスモスなんてもう放映休止の際にも告知を担当したくらいに(^_^;)喋りまくりだったんで、そう言う意味ではちょっと新鮮かも知れぬ。ま、喋っちゃうと謎とかどんどん消し飛んで神秘的イメージも台無しだしな(^_^;)

 それにしても、前任の副隊長の存在とか、「二人目か…」とかの断片的情報は、やっぱアレかな、シリーズ中盤で弧門くんが三人目とか言う展開ありを示唆、なのかしら。

 今回は、ネクサスとモンスターの対決シーケンスが蛇足に思えたってのが(^_^;)なんだか皮肉な出来だった。モンスターの造形はさておき、左右の首がもうちょい自然に動いてくれないと面白くないかなぁ。

 副隊長の出番はAパートに集中していた。それでもこの存在感はなんだろう(笑)、なんとかしてくれ。

|

« 『魔法少女リリカルなのは』第5話「ここは湯のまち、海鳴温泉なの」 | トップページ | 『幻星神ジャスティライザー』第6話「見参!幻星神ケンライザー」 »

特撮」カテゴリの記事

『ウルトラマンネクサス』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルトラマンネクサス』第6話「遺跡-レリック-」:

« 『魔法少女リリカルなのは』第5話「ここは湯のまち、海鳴温泉なの」 | トップページ | 『幻星神ジャスティライザー』第6話「見参!幻星神ケンライザー」 »