« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004.09.29

近況・戦争映画祭り中(^_^;)

 コミコミが迫ってきてるので、空き時間に戦争映画観まくり中。出す本がコレなんで。結局、こんなに寸前にならないと上がらないワシの腰、おかげで夏コミでも未完成だった『R.O.D-THE TV-』本、今回も見送って(^_^;)三船に集中してますよ。

 で、ここ数日で観た映画(観た順)

続きを読む "近況・戦争映画祭り中(^_^;)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『MADLAX』第26話「欠片 -pupile-」

 無敵挿入歌ヤンマーニは銃弾まで弾くのか(^_^;)…て事で、終わりました。特にこう…予想外の終わり方でも無かったかなぁ。なかなか着地点が読めない…っつーか、先を予測する事自体無意味に思える作品だったのに、終わってみれば、ああ、やっぱし…とか思ってしまうのは、良いのか悪いのか。マーガレットの望む世界、とかで、一瞬、ヴァネッサとエリノアが生きてる世界になるの?(^_^;)とか思って焦ったけど。それやっちゃうと、さすがにどうよ?とか思うのと同時に、甦れエリノアさん!とか思う葛藤がワシの中に起こったり起こらなかったり。

 ともあれ、最後まで楽しめましたよ。決して褒められる作品じゃ無いですが、ほんと、色々と楽しめた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.26

『カレイドスター 新たなる翼』EXTRA STAGE「笑わない すごい お姫様」

 AT-X19時のベルト枠でのリピートが先週終わったカレイドスター。DVD箱全て買いそろえたんだからDVD観りゃいいのに、このリピートを話数選んで(^_^;)可能な限り付き合っていたり。当然の様に第3クールはほとんど観ていなかったり(^_^;)。最終回近くはやっぱ涙しながら観ちゃったり。

 て事でー、今日は待望のOVA版の先行放送〜て事で、視聴。

続きを読む "『カレイドスター 新たなる翼』EXTRA STAGE「笑わない すごい お姫様」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ふたりはプリキュア』第33話「Vゲット!心でつなげ光のパスライン!!」

 なぎさの親友ども、莉奈と志穂の仲良しコンビが喧嘩?てなエピソード。かつて第8話で、なぎさとほのかが通ってきた道を、身近な人物が再現しちゃう感じなのだが、それ故に第8話のシーンが効果的にインサートされて、グッと来ました。で、なぎさとほのかは、同じ経験をした先輩としての風格をしっかり持っていて、ああ、キャラも成長してますなぁ…と実感。

続きを読む "『ふたりはプリキュア』第33話「Vゲット!心でつなげ光のパスライン!!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『特捜戦隊デカレンジャー』第32話「ディシプリン・マーチ」

 デカレンジャー、パワーアップの為の特訓編。安易にアイテム出してパワーアップでは無く、アイテム手に入れる前に特訓必要なあたりがいい感じ。警察官が傭兵部隊の特殊訓練に紛れ込んだ?てな感じで罵倒されるあたりが良く出ているかしら。

 まぁ今回のキモはアブレラがED初出演って所だと、信じて疑わない私ですが。マッスルマッスル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第13話「パラソルをさして」

 最終回。「貴女が好きなの…」「私も、お姉様が大好きです」で、一応は綺麗に幕。祥子様の「好きなの」の台詞でエンディングに突入しちゃった時は、正直、どうしたものか(^_^;)と焦っちゃったけど。色んな意味で。続く祐巳の「私も…」で、ちょっと救われた感じかな。いやほら、ニュアンス的な問題で、とか、締めとしての問題で。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第13話「パラソルをさして」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.25

同人近況

 月曜日、仕事中にいきなり体調急変して(午前中元気だったのに午後からは這い蹲る状態で仕事続行(^_^;))帰宅後にぶっ倒れ。二日間ほど体力回復に使用したので、更新やらなにやらも遅れ気味になっちゃいました、すんません。

 で、同人近況。コミコミ、受かってます、配置はH-11b、特撮エリアです、多分。新刊作業は全然進んでないので、これから頑張ります。とりあえず、コミコミ合わせだったゲスト原稿の方は、なんとか終わらせました。

 て事で、電算機一郎さんと紅井さんの合同マリみて本第二弾に呼ばれて参加。今回は4P描いてます。アニメ最終回を迎える前に、自分流に最終回を迎えてみました、てなコンセプトの漫画です(嘘8割)。っつっても本出る時にゃアニメ終わってますが。

 こちらのマリみて本、電算機さんがCレヴォに参加されるので、そちらで先行頒布される予定との事。関東方面の方は、10月3日のレヴォでゲットお願いします。スペースは【N04b オレと勝負だ】です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ギャラクシーエンジェル』第4期
第23話「エンジェルなかまボコ」/第24話「カレイ煮付けカレー」

■第23話

 烏丸ちとせをここまで悲惨なキャラとして使ってしまうと、なんかさすがに後味悪い気がしないでもないが(^_^;)

■第24話

 ヴァニラが男にストーカー行為ってのが、恋愛云々で無い事は判りきってるので、ラストに意外性が全然無い。そのあたりが敗因だなぁ。途中経過だけでなく、オチでも笑わせて欲しいもんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『MADLAX』第25話「聖血 -saints-」

 シリーズ中盤あたりで、マドラックスとマーガレットは、双子?もしくはサンダとガイラの関係?とか、ありきたりの予想をしてみたりしたんだけど、今回で一応、二人の関係が語られました。

続きを読む "『MADLAX』第25話「聖血 -saints-」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Wind–a breath of heart-』第13話「想いめぐる(特別編)」

 で、こちらはこちらで、放映ですっ飛ばされた、みなもちゃんパパが死んだ直後の展開らしきものをクライマックスに配した、みなもちゃん中心総集編。上手く纏めてあるんだけど、最終話の後に時間戻って途中の話数を放映した、みたいな錯覚に(^_^;)

 くそぅ、抜けた 4話分、観たいですがッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』
特別編「東奔西走スクールライフ」

 総集編。15分枠で総集編する意義ってのがあんましわかんない上に、構成がキャラクター紹介に終始してて、ほんとにこれで最終回でいいのかい?(^_^;)てな出来であったが。一部、放映では観てない映像なんかがあって「うわ、こっちも欠番あったのかよ(^_^;)」とか思ったが、なんか別ヒロインエンドになるルートが作られてるみたいで。…DVDですかソレも(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『特捜戦隊デカレンジャー』第31話「プリンセス・トレーニング」

 ウメコのそっくりさんが出現!しかもそっくりさんはトカーサ星の王女様。…とか言うアリガチなネタではあるのですが、王女の来訪目的のスケール感あるんだか無いんだかわかんないあたりがステキ。

 しかし、最近の合成技術は、CGの発達で凄くなったなぁ…とか考えながら見てしまった。いや、合成は合成だとはっきり判るんだけど、昔みたいに同一人物を同一画面に置くだけで大仕事、仕上がりも一種独特の味があって良くも悪くも印象に残る、てな事は無くなったね。…言い換えれば、当たり前過ぎて印象薄くなったなぁ(^_^;)て事でもあるんだけど。ここまで自然に見えてきたら、相手の髭をカミソリで剃る同一人物てな冒険的な絵も見せて欲しいよ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ふたりはプリキュア』第32話「ポルンを励ませ!とっておきのカーニバル」

 土屋嘉男がノイローゼになって「こんな島来るんじゃ無かった…帰る…帰るんだぁぁぁぁ!」と発狂寸前で仲間に向けてライフル乱射しながら海岸に向かって走る!…みたいな展開(^_^;)

 ワシ、ポルンはそんなに嫌いじゃ無いんだけど、あんまし「帰るー帰るー」とか連発されると、いいかげんにしろ、とか言いたくなってしまうよ。そんな事もあって、正直面白くなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.19

『マリア様がみてる〜春〜』第12話「青い傘」

 …困った事に、数日前に原作の該当部分、読み返してしまったのよね(^_^;)、なので、余計に今回の完成度の低さが目に付いた。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第12話「青い傘」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.18

連休の予定

 土曜→午後仕事、日曜→午前中仕事、月曜→一日中仕事。スカっと休める日がないんで夜もしっかり睡眠とらなきゃならんし、空いた時間は〆切迫ってるゲスト原稿しなきゃならんので、多分更新ストップするっす。日曜レギュラー番組のエントリは、木曜くらいになりますかのぅ。

 て事で、通って下さってる人は、それくらいを目安にご来訪をひとつ。

 とか言いつつ、逃避行動してる可能性も大ですが(^_^;)


 040919追記。

 …すまん、しっかり現実逃避した(^_^;)。でも、観たアニメは、マリみてだけです。てゆーか、仕事に出かけるギリギリまで観ていたんで、後半が気になると言うもので(^_^;)これはもう、帰宅してからビデオ再生するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『妖怪大戦争』

 昨夜、時代劇専門チャンネルで放映あったので、冒頭だけ観てみた。いや、本作品は旧版LD、LD箱、DVDと、それなりにソフト購入してきたお気に入り作品故に、脳内再生も可能なんで(^_^;)睡魔を優先した次第。

 この映画は、『大魔神』に続く特撮シリーズとして、大映京都が製作した妖怪映画の第二弾。当時の併映はコレ。前作となる『妖怪百物語』が好評だった故の制作だと思いますが、同じ妖怪が出るっつっても『百物語』は悪人を懲らしめる為に妖怪がドロドロと出てきて観客も驚かせると言った、怪談映画の趣向に近い仕上がりであるのと違って、『大戦争』では、海外から飛来した吸血妖怪の日本での悪行許すまじ!てな事で日本妖怪が立ち上がると言う、怪獣映画的展開であるのがミソです。つまりは、怪獣映画好きなら楽しめるのは保証付き、てなもんで。

続きを読む "『妖怪大戦争』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

『激動の昭和史 軍閥』

 昭和45年封切の東宝映画。昭和42年の『日本のいちばん長い日』に始まる、東宝8.15(はってんいちご)シリーズの第4作。このシリーズは、見ての通り8月15日近辺に封切られていた戦記映画シリーズで、一応、そのどれもが大作扱い。二作目の『連合艦隊司令長官 山本五十六』三作目の『日本海大海戦』では、円谷英二率いる東宝特撮陣も参加して、かなり豪華なシリーズになっていた訳ですが。

続きを読む "『激動の昭和史 軍閥』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『MADLAX』第24話「献心 -hearts−」

 「私が王国軍やらなにやらを引きつけるから、時間までに戻らなかったら先にマーガレットを探して」。…マドラックスがこうエリノアさんに言った時点で、エリノアさん退場のお膳立ては揃った!(^_^;)てなもんで。退場されました、エリノアさん……うわ、ワシ、なんか本気でしんみりしちゃったよ。頼むよゾフィ、「それほどまでにメイドが好きになったのか」とか言いながら命を二つ持ってきてくれ。

続きを読む "『MADLAX』第24話「献心 -hearts−」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ギャラクシーエンジェル』第4期
第21話「ハーイ!ちりめんじゃっく」/第22話「レイニーブルー」

■第21話

 捕まえるべき犯人よりも凶悪な所行のGA隊、てのが、らしくて笑える所なんだけど、今回のキモは、メアリー少佐が共演(^_^;)で不幸に見舞われる点でありましょう。

■第22話

 マリみての「レイニーブルー」放映週に同タイトル持ってくる、と言う根性が笑える点であるが(^_^;)、それ以外は第3期最終話以来の、一切ギャグ無しシリアス編だった。内容の完成度についてはさておくが、視聴者の期待を裏切る事にも尽力するGA、こうしてシリアス編をいきなり持ってくる事自体がギャグに思えてならない(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.15

『千曲川絶唱』

 そういや、長らく映画感想のエントリが無い状態続いてます。あくまで映画感想がメインの四式楽屋裏(…とか言い張ってみる)としては、このままではイカン!てな事で、久々にエントリ。

 昭和42年封切の東京映画作品、東宝配給。一応、サントラCDとかで曲聴いて結構好き、とか、東宝半世紀傑作フェアのパンフレットにも載っていた、とか言う理由で、機会があれば観ようと思っていた映画。本日日本映画専門チャンネルでの放送を視聴。自分が白血病だと知ったトラック運転手が、どうせ死ぬんだ〜とか自暴自棄になっちゃう所を、看護婦に支えられて、残り短い自分の人生を見事に生き抜く、と言った話。

続きを読む "『千曲川絶唱』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Wind–a breath of heart-』第12話「風と共に」

 全13話かと思ったら来週はカップリング作と共に総集編らしいんで、今回で終わり。て事は4話分も端折ってテレビ放映は完結って訳か……スッキリする訳ないぢゃんよ(^_^;)

 実際、放映欠番となった話数のものらしきカットが回想とかで入って来てるんだけど、だから尚更、やるせない感じだ。ま、それ以前にストーリーにも納得行かない感じするけど(^_^;)

 なにせほら、序盤は、みなもちゃんが目立っていて、当然視聴者はそっちに気持ち行ってるぢゃん、それが何を間違ったか、別の女の子メインで話進んでいて…なんか、ゲーム途中にバグでルート強制変更させられた気分だよ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』
第12話「月は東に日は西に」

 最終話。ああ、月は東に日は西に、てのは、一応本編でそれなりのキーワードだったのね、てなあたりは、ちょっとだけ感心。あとは、ひとまず無難に終わってくれたなぁ、と。…話数足りないけどな(^_^;)、だから初期で身体検査やらなんやらやってる余裕など…(^_^;)

 直樹とユウスケの合成シーケンスは、さいどんから「こんな感じなのかな…」とワニと宇宙生物の合成シーンを送りつけられていたので(笑)もう最後は手のひらに目と口がある小林昭二が出来上がるものと期待しちゃったよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

『ウルトラセブン』第20話「地震源Xを倒せ」

 ファミ劇で毎週日曜20時から放映中の本作品も、少し観ない間に20話まで来ていた。え−と、9話までは毎週付き合っていたんだよな(^_^;)、イカルスあたりで面倒になったか俺。で、今回はなにげにチャンネル合わせてみたら、この回だった。個人的にこのエピソード、話は大したこと無いけどギラドラスは好きなので、途中からだけど観てみた。この回のアイスラッガーの出し方は格好いいなぁ…とか思いつつ、ふと気が付いた。ああ、アイスラッガーで首切断されてウルトニウムをぼとぼと落とすギラドラスだったのか、『鋼の錬金術師』でホムンクルスが断末魔に口からぼとぼと賢者の石をこぼすシーンに感じたデジャブーは(^_^;)、ちょっとスッキリした。

続きを読む "『ウルトラセブン』第20話「地震源Xを倒せ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『特捜戦隊デカレンジャー』第30話「ギャル・ハザード」

 これまで、デカレンの前には一切姿を見せなかったアブレラが自己紹介までしちゃうと言う、ある意味重要なエピソードだったんだけど、基本はそんなギャル、とっとと見捨ててもいいよ(^_^;)と何度も言いたくなるエピソードだった。いや、視聴者は見捨ててもデカレンジャーに見捨てられては困るので、展開的には王道で安心しましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ふたりはプリキュア』第31話「マジ家出?ポルンはいったいどこ〜!?」

 え、ウルトラブレスレットって標準装備になったんぢゃなくてポルンが毎回吐き出すのかよ(^_^;)まどろっこしいなぁ。バンクシーン増えてテンポ悪くなりゃしねぇか?

 今回のアクション。惜しかったなぁ(^_^;)…襲ってくる鉄筋の一本を蹴り上げて自分の武器にしてポーズ決める!…までは良かったんだよ。その後が続かない(^_^;)、ここだろ!無意味に動かしまくるべき場所は!(^_^;)

 ストーリーは、普通の出来だった。演出…ジャアクキング復活シーンで、やたらクイーンとカットバックするのはダメだと思った。復活したジャアクキングはクイーンみたいな形状してんのかと一瞬思った(そんだけクイーンって怪しいイメージがあったりしないか?(^_^;))


 いつぞやのGAに続いて、こっちもサブタイ訂正。「マジ家出?ポルンはいったいどこー!?」→「マジ家出?ポルンはいったいどこ〜!?」。「ー」と「〜」の差。すまん、また公式からコピペした(^_^;)

 公式サイト云々では、最近さいどんと「東映チャンネル、『妖術武芸帳』が『妖術武芸帖』になっとるよ〜(^_^;)」てな話題で盛り上がって?いたのだが、ま、それでも頼ってしまうもんでな(^_^;)公式サイト。資料を作る時なんかは、しっかりと映像確認すんだけどなぁ(それでも『R.O.D』本は何話分かサブタイ表記ミスあったり(笑)、最近、緩んでるよワシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第11話「レイニーブルー」

 ようやく、本作品の主人公、祐巳と祥子様メインのエピソードになる訳だけど。原作でも一つの山場となっている、紅薔薇破局の危機一髪編。ある事情で当面は自由な時間が作れなくなり祐巳との約束を破り続けるしかない祥子。祥子のよそよそしい態度に瞳子の存在も絡んで祥子に捨てられたんだと思いこんでいく祐巳。てな感じですかな。ま、非常に辛いエピソードで、しかも原作は、雨の中車で走り去る祥子を泣きながら追いかけて雨の中でへたりこむ祐巳、てなシーンで一巻終了してるし(笑)、とことん追いつめてます。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第11話「レイニーブルー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.09

『ギャラクシーエンジェル』第4期
第19話「燃焼系傷心揚げ」/第20話「お笑イグサのコイこく」

■第19話

 ミントの着ぐるみ好き度合いを理解してなければ楽しめない、てゆーか、とても普通のストーリー、てな印象(^_^;)。落とし方も普通な感じだし(他の番組では新鮮になるかもしれんが)


■第20話

 畳が素晴らしくカッコイイ(笑)

 今回はコレに尽きます(^_^;)やっぱ。しかし、ランファのラブコメ相手に畳ってこの感覚は、「GAだから」としか説明のしようが無いですが、こんな畳でちょっとした感動編に仕上がっていて、俺的には好きなエピソードですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Wind–a breath of heart-』第11話「古からの運命」

 どうやら、前回と今回の間がすっ飛ばされた様で、話の繋がりとかなんとか脳内で補完しようと思えば出来るものの、唐突さは否めない。そんな出来だった。で、こちらも一気に街や彩の過去が語られる回。それはまぁいいんだが、前回、父親死んで部屋で泣いていたみなもはどうなったんや、主人公がどう対応したんか、それが知りたいやん!と言う、このもやもやはどうしてくれるんだろうか(^_^;)、DVD買えってか?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』
第11話「時空を越えて」

 残り話数も少ないので、一気に物語の確信、てゆーか、オペレーションサンクチュアリってなんやねん、て事が語られる回。

続きを読む "『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』
第11話「時空を越えて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『MADLAX』第23話「迷心 -doubt-」

 ワシ、基本的にメイド属性は無いんですが。特に、どんな場所でもメイド服来て出てくるような、とりあえずメイド服だホレ萌えろ、てな、あからさまな印象のキャラなんかは、ちょっと遠慮したい感じね。本作のレギュラーであるエリノアさんも、主人公の一人であるマーガレット嬢のメイドさんで、四六時中メイド服です。なんと内戦激戦区のジャングル地帯でもメイド服です。ま、本作のギャル達は何処にいようがマイスタイルを貫く様な連中ばかりなので、エリノアさんだけ論うのも無意味ではあるのですが。

続きを読む "『MADLAX』第23話「迷心 -doubt-」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.08

『エルフェンリート』第7話「際会」

 6話までは金曜夜のリピートで観ていたんですが、先が気になったので日曜夜の本放送を観る様に…って、しまった、かなり楽しみ始めてますか俺!

続きを読む "『エルフェンリート』第7話「際会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ふたりはプリキュア』第30話「炸裂!プリキュアレインボーストーム」

 なんか、他の地方と同時に観れるっての、一ヶ月以上ぶりな気がする(^_^;)

 さておき。今回は二人が新アイテムを手に入れて、あらゆる宇宙怪獣とも互角に戦える能力を手に入れるエピソード。パワーアップアイテムを貰えないと戦いにもなりゃしねぇ、てなあたりがなんとも残念ではあるんだけど、プリズムストーンの力を内包してるってのが視聴者に明確に示されたのは、良かった。今まで、根性とか(^_^;)光の力とか、冷静に観れば不確かなモノで戦斗ごとにピンチを凌いでいた形だったしねぇ。プリズムストーンも、これでようやく何に役立つので大切なのかてのが単純に理解出来る、そんな存在になった訳だし。

続きを読む "『ふたりはプリキュア』第30話「炸裂!プリキュアレインボーストーム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『特捜戦隊デカレンジャー』第29話「ミラー・リベンジャー」

 先週の続き。ミラーマンの様な能力と、二代目キティファイヤーの様な能力(^_^;)を併せ持つアリエナイザー、ジェニオが、かつて自分を逮捕したテツに対して復讐を開始。本人に死以上の苦しみを与える、てな事で、デカレンジャーのメンバーを次々と襲い、鏡の中に閉じこめていく。残ったレッドは、ジェニオの能力の秘密を見極める役目をテツに託し、囮となって戦いに挑む…。斯様な展開の今回。ここ数話で、テツが徐々に仲間として馴染んで行く、そう言うエピソードを重ねていたが故に、燃えるものがあるシナリオでした。そういう段階を踏まえてないと、デカレンが鏡に取り込まれようが死より苦しいなんて言える筈ないし(笑)、「地球署のデカレンジャーは6人なんだよ!」てな台詞も生まれてこないもんね。

 たださぁ、これでボスもスワンさんも取り込まれていたら、もっと絶望感が出て盛り上がっただろうな、とかも思ったり。後は、ジェニオの言う「芸術」が、いまいちピンと来ないのも、残念と言えば残念だが、アレはピンと来ない方が正常なのかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第10話「黄薔薇注意報」

 久しぶりの白薔薇以外の主役エピソード。由乃が剣道部入部を希望する事により、黄薔薇姉妹の関係が微妙な感じに…。物語的には、これと言った起伏のないエピソードなんだけど、それゆえに演出が丁寧だったかなぁ、と。特に由乃なんかは、独白と表情のシンクロ具合が、観ていて心地よかったくらいで。簡単に言えば、今回の由乃、表情も仕草もいい。さすが、久々にメインになっただけの事はある(笑)

 いやそれにしても、田沼ちさともいいなぁ(笑)…名字にも惹かれるしぃ(そこかよ(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第9話「ロザリオの滴」

 志摩子さん中心の白薔薇ファミリー独断場になって4週目、えーっとこの番組の主人公って誰だっけそんなの志摩子さんに決まってるぢゃんなどと断言しちまうくらいに他のメンバーが影薄いのも今回でようやく終わりなのでありますが。いやいや、この6話〜9話って、ほんとに見やすかったなぁ、未だ描き切れてない部分もあるんだけど、多分この4話分だけ初心者にいきなり見せても、それなりに鑑賞してもらえる出来…とまでは言えないかもしれないけど(^_^;)、ま、良かったよ。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第9話「ロザリオの滴」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

『マリア様がみてる〜春〜』第8話「銀杏の中の桜」

 前回に引き続き、志摩子&乃梨子のお話。志摩子がこれまで悩みに悩んでいた事を、山百合会のメンツが白状させちゃう、割と盛り上がるエピソードなんだけど。…やっぱあれだな、お寺の娘だから(カトリック系の)リリアン女学園に通っているのはイケナイ事なのよ、てな悩みは、イマイチ、ピンと来ません。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第8話「銀杏の中の桜」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第7話「チェリーブロッサム」

 新入生ご入学。て事で、新キャラがようやくお目見えになる回。新入生の乃梨子が志摩子さんと運命の出会いをしちゃうエピソード。原作では実は、このエピソードがもっとも古い作品なのだとか。つまりは『侵略者を撃て』であり『湖の秘密』であり『地獄への案内者』って事か。

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第7話「チェリーブロッサム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第6話「片手だけつないで」

 聖が志摩子さんを妹にしたエピソードを、時間遡って描く。程よく原作の細部を忘れたので(一番覚えてるのが学園の庭でなんか作業してる志摩子さんの微妙な絵(^_^;)だったり)、特に足りないものとかを感じずに視聴出来たかな。ま、なんで「片手だけ」なのかってあたりは、描き切れてなかった気はするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第5話「いつしか年も」

 遂に卒業な薔薇様たち。彼女達の過去回想を絡めながら、卒業式での涙の送辞をクライマックスに配した、一区切り編。

 無難に観れた感じかなぁ。送辞の部分は、祥子様よりも令様が格好良く光り輝くシーケンスなのだが、この後はロクにカッコいいシーン用意されてない事を考えると、そう言う意味でも送辞な感じが(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マリア様がみてる〜春〜』第4話「Will」

 最初、公式サイトでの話数カウントは第一期からの通算だった筈なんだけど…しばらくしたら変わっていたね(^_^;)、て事で、こっちも公式にならって。今回第4話。卒業控えた薔薇様方と祐巳との触れあい、みたいな回。原作では…第何巻の云々かんぬん、てのを今まで記録して来たけど、面倒になったので止め(^_^;)。てゆーか、問題の安来節を通過したからか、なんか肩の力抜いて観れる様になったと言うか。諦めの境地と言うか。録画の方も、数話分を録ってるつもりで録れてなかった、てな事もあった為に特にDVDに移動させる事もなくEDβテープに録るだけ録って放置状態だし(^_^;)

続きを読む "『マリア様がみてる〜春〜』第4話「Will」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.03

『ギャラクシーエンジェル』第4期
第17話「コ・ロ・ロ・ロシアンティー」/第18話「アヴェンジャーエール」

■第17話

 ミルフィーユさんが暗殺の標的に!て事で、エンジェル隊に接近する殺し屋、カイザ・ムラカミ。…『仮面ライダー555』で仮面ライダーカイザを演じた役者を召還してのストーリー(^_^;)て事で、一部で話題になっておりますが。ああ、結構、声優としてやって行けそうじゃん(笑)

 それにしてもミルフィーユさん。殺しても殺しても無事(^_^;)てなあたり、いくら強運の持ち主でも…いやいや、ありうるよ、とか思わせてしまうキャラとして完成されてるからこそのネタだったな(笑)。ノーマッドもクチにしていたが、中佐のタフさこそ見落としては行けない部分だったかもよ。

 040904追記。サブタイトル、公式サイトが間違えてやがりました。だから自分の目で映像素材を確認しろと普段から以下略(^_^;)、て事で修正、「コ・コ・コ・ロシアンティー」→「コ・ロ・ロ・ロシアンティー」

■第18話

 ノーマッドが素晴らしくカッコイイ(笑)

 今回はコレに尽きるな(^_^;)やっぱ。砲塔の中に突っ込んで弾丸を押し出すカットはコマ送り推奨だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Wind–a breath of heart-』第10話「同化体」

 代弁ありがとう!みなもパパ。俺も彩ちゃんをヒカリちゃんと読めなくてアヤちゃんと認識してこんがらがったクチです(笑)、劇中キャラもそう思っていたとは、心の救いだ(^_^;)

続きを読む "『Wind–a breath of heart-』第10話「同化体」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜』
第10話「もう一人の自分」

 ちょっとばかし先が気になっていたのと、都合良く放映時間にテレビの前にいたので、AT-Xでの放映を観てみた今回。…やっぱ、CM入りになれてしまうとAT-X放映フォーマットの方に違和感覚えるな(^_^;)

 で、本編。シリアスな展開になって来て視聴者の目は釘付け!…と行きたい所だが、基本の演出力がアレなので、真面目になればなるほどに苦笑いしちゃう俺(^_^;)。例えば保健室で目が覚める直樹のシーンなんか、なんと言うか、保奈美が名前呼ぶ→直樹起きる、これだけの動作に間が一切無くて慌ただしい(^_^;)とかとか。最後までこの調子で頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『MADLAX』第22話「撃情 -rage-」

 めちゃ久しぶりにエントリー。ええ、ずっと欠かさず観てるんですよ、飽きもせず(^_^;)。どこが面白いねん、とか聞かれたら返答に困る作品なんだけど、やっぱ観てるウチにそれなりにキャラに思い入れも出てきたし、牛歩戦術なれど徐々にストーリーが見えてきたし(着地点は未だ予測不可能だけど)

続きを読む "『MADLAX』第22話「撃情 -rage-」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »