« 同人近況 | トップページ | 『特捜戦隊デカレンジャー』第32話「ディシプリン・マーチ」 »

2004.09.26

『マリア様がみてる〜春〜』第13話「パラソルをさして」

 最終回。「貴女が好きなの…」「私も、お姉様が大好きです」で、一応は綺麗に幕。祥子様の「好きなの」の台詞でエンディングに突入しちゃった時は、正直、どうしたものか(^_^;)と焦っちゃったけど。色んな意味で。続く祐巳の「私も…」で、ちょっと救われた感じかな。いやほら、ニュアンス的な問題で、とか、締めとしての問題で。

 原作の重要部分のオミット率は相変わらずであるが、そのくせ原作では出てこない場面(例えば、祥子のお婆さまの直接描写や、柏木の車から下車する蓉子さま等)の挿入なんかを行っている訳だが、これはこれで正解であったかもな。特にお婆さま関連は、弓子さんとの関連云々の間接的描写がほとんど省かれていた分、入れておかないと収まり付かない部分であったと。

 しかし、なぜサブタイトルが「パラソルをさして」なのか、なぜ祐巳がパラソルさすのか、てな答えは、弓子さん関連を大量にオミットした際一緒に切り捨てているので、そのあたりがなんつーか…ダメだろ(^_^;)と。祐巳の青い傘〜弓子さんの白いパラソル、そして祐巳がパラソルに持つ気持ち。アニメのスタッフは、この部分は重要だと思わなかったのだろうなぁ(^_^;)

 あと、個人的には鍋焼きうどんは観たかったよ(^_^;)

 てな所で。明日からAT-Xで放映開始、晴れてHDDレコでデジタル録画出来ますよ(^_^;)。なんにせよ、視聴率も作品完成度もデカレンジャーの圧勝て事で、日曜朝7時30分の対決は終了です。


 追記。そうそう、最終回も、瞳子は非常に魅力的に描かれていました。ドリル髪をポンポンする仕草、とか、色々。今期の収穫は間違いなく、瞳子の絵的安定と和服の志摩子さんですねやっぱし。

|

« 同人近況 | トップページ | 『特捜戦隊デカレンジャー』第32話「ディシプリン・マーチ」 »

アニメ」カテゴリの記事

『マリア様がみてる』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マリア様がみてる〜春〜』第13話「パラソルをさして」:

« 同人近況 | トップページ | 『特捜戦隊デカレンジャー』第32話「ディシプリン・マーチ」 »