« 『ふたりはプリキュア』第19話 | トップページ | 『ウルトラQ dark fantasy』第10話 »

2004.06.10

『美鳥の日々』第9、10話

 先月だったか、さいどんから「緑の日々」とか言う件名でメールが届いた。なんぢゃらな?とか思いつつ開けてみたら、解る人間にはなるほど(^_^;)と思わせるネタが。このまま埋もれさせるのも勿体ないので、田亜湖がイラスト化。↓の画像をクリックね。

040610


■第9話
 高見沢主役エピソードだった。彼はまぁオタクキャラであるので、原作でも彼メインになる場合、オタクなネタが盛りだくさんな感じになるのであるが、さてさて。1クールと言う短い話数の中で、二度目の高見沢メインってのは必要だったのか?てのが素直な疑問。1エピソードの出来としては問題ないレベルだったけどさ、でも原作の2エピソードをわざわざ足して1話でっちあげてまで(^_^;)…。他にも、近所のお子様メインとか、別に必要ないエピソードが入ってて、今ひとつ楽しめない構成になりつつあるってのが、本作品後半の特色であるかなぁ。もっと主役二人に焦点絞ってエピソード選べば良いのに。

■第10話
 で、唐突に(^_^;)風呂敷を畳み出す気配を見せるし(^_^;)。耕太登場エピソードがこの位置になるって事は、残り3話使用して美鳥が一度元に戻って、でも結局は云々てなエピソードをアニメ化するって感じかな。となると本シリーズの着地点が見えた気がする。そんな感じで、今後は連続エピソード、ですかな。ま、それはいいんですが、やっぱ気色悪い程の滑らかな動きは各話で見せて頂きたい所です。それこそが、このアニメの見せ場ですから(断言(笑))

|

« 『ふたりはプリキュア』第19話 | トップページ | 『ウルトラQ dark fantasy』第10話 »

■イラスト付」カテゴリの記事

『美鳥の日々』」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3346/43074656

この記事へのトラックバック一覧です: 『美鳥の日々』第9、10話:

« 『ふたりはプリキュア』第19話 | トップページ | 『ウルトラQ dark fantasy』第10話 »